脱毛ラボで施術を断られる人の特徴とは

MENU

こんな人は脱毛できない!脱毛できない人の条件

ニコル脱毛

脱毛ラボの脱毛の施術の方法は肌が弱い人や敏感肌の人でも安心して施術を受けることができます。

 

ですが、そのような脱毛方法でも施術を受けることができない人もいます。

 

施術を受けることができない人の条件には、既往症がある、光てんかん発作がある、大きなあざやほくろがある、手術をして体内にシリコンや金属が入っている、という人は、カウンセリングのときに必ずスタッフに伝えておくことが大切です。

 

また、妊娠中や授乳中は脱毛施術を受けることができないので、妊娠をしたときは、すぐにサロンに伝えて休会の手続きを行うといいです。

 

このほかにも、生理中の人や日焼けをしすぎている人も脱毛できない人の条件に入ります。

 

それから、日焼けをしていると、黒いものに反応する光を当ててしまうと、肌にまで反応して火傷をしてしまう可能性もあるので、数日、もしくは数週間肌を落ち着かせて、カウンセリングで施術を受けても大丈夫と判断されたら大丈夫です。

 

肌が乾燥してしまっていると光が浸透せずに効果を十分に感じることができない場合もあります。

 

なので、脱毛ラボに通っている間は日焼けや肌の乾燥には気をつけることが大切です。

 

肌ケアをしっかりとしておくことで、肌が潤いをもち、脱毛の効果をしっかりと感じることができるだけではなく、施術の後も肌がきれいな状態になりやすいので安心です。

 

もし不安なことや確認したいこと、疑問などがあれば、脱毛ラボのお店に事前に電話などで確認しておくといいです。

 

契約前のお客様でもきちんと答えてくれるので大丈夫です。